toplogo
Sign In

オープンアレックス、スコーパス、Web of Scienceの オープンアクセスカバレッジ


Core Concepts
ダイアモンドオープンアクセスジャーナルは、主要データベースでは十分にカバーされていないが、OpenAlexではよくカバーされている。一方、ゴールドオープンアクセスジャーナルはより主要データベースでカバーされている。ダイアモンドオープンアクセスジャーナルは地域的で多言語的な傾向がある。
Abstract
本研究は、オープンアレックス、スコーパス、Web of Scienceにおけるダイアモンドオープンアクセスジャーナルとゴールドオープンアクセスジャーナルのカバレッジを調査した。 主な結果は以下の通り: ダイアモンドオープンアクセスジャーナルは、OpenAlexではよくカバーされているが、スコーパスやWeb of Scienceではあまりカバーされていない。一方、ゴールドオープンアクセスジャーナルはより主要データベースでカバーされている。 ダイアモンドオープンアクセスジャーナルは地域的で多言語的な傾向がある。特に社会科学・人文科学分野のダイアモンドジャーナルは英語以外の言語を受け付けることが多い。 高所得国の著者が全分野・全ジャーナルタイプで最も多くの論文を発表しているが、社会科学・人文科学分野のダイアモンドジャーナルでは中所得国の著者が最も多い。 主要データベースの選択が、特に社会科学・人文科学分野や開発途上国の研究成果の評価に大きな影響を与える可能性がある。より包括的なデータベースの活用が重要である。
Stats
ダイアモンドオープンアクセスジャーナルの約60%がOpenAlexにのみ収録されている 社会科学・人文科学分野のダイアモンドオープンアクセスジャーナルの70%がWeb of ScienceやScopusに収録されていない 高所得国の著者が全分野・全ジャーナルタイプで50%以上の論文を発表している
Quotes
"ダイアモンドオープンアクセスジャーナルは、主要データベースではよくカバーされていないが、OpenAlexではよくカバーされている。" "ダイアモンドオープンアクセスジャーナルは地域的で多言語的な傾向がある。特に社会科学・人文科学分野では英語以外の言語を受け付けることが多い。" "主要データベースの選択が、特に社会科学・人文科学分野や開発途上国の研究成果の評価に大きな影響を与える可能性がある。より包括的なデータベースの活用が重要である。"

Key Insights Distilled From

by Marc-Andre S... at arxiv.org 04-03-2024

https://arxiv.org/pdf/2404.01985.pdf
The open access coverage of OpenAlex, Scopus and Web of Science

Deeper Inquiries

ダイアモンドオープンアクセスジャーナルの質の担保と持続可能性をどのように高めていくべきか。

ダイアモンドオープンアクセス(OA)ジャーナルの質を向上させるためには、いくつかの重要な取り組みが必要です。まず第一に、ジャーナルの品質基準を明確に定義し、遵守させることが重要です。これには、査読プロセスの透明性、編集方針の明確化、著作権と倫理規定の遵守などが含まれます。また、ジャーナルの持続可能性を確保するために、適切な資金調達モデルを確立することも重要です。これには、大学や研究機関からの助成金、寄付、メンバーシップ、クラウドファンディングなど、複数の収益源を活用することが含まれます。さらに、ジャーナルの運営コストを最適化し、効率的な運営を実現することも重要です。最後に、学術コミュニティとの協力や連携を強化し、ジャーナルの価値を認識してもらうための啓発活動を行うことも重要です。

主要データベースの選択バイアスを軽減するためには、どのような研究評価の仕組みが必要か

主要データベースの選択バイアスを軽減するためには、より包括的な研究評価の仕組みが必要です。これには、より多様なデータソースを活用し、ダイアモンドオープンアクセスジャーナルや地域的なジャーナルを含めることが重要です。また、研究評価の際には、単にインパクトファクターなどの指標だけでなく、ジャーナルの品質、査読プロセスの透明性、論文の影響力などを総合的に考慮する必要があります。さらに、研究者や機関が異なるデータソースを活用して研究成果を評価する際に、選択バイアスを軽減するためのガイドラインやベストプラクティスを策定することも重要です。

ダイアモンドオープンアクセスの発展が、学術コミュニケーションの多様性とグローバル化にどのような影響を及ぼすか

ダイアモンドオープンアクセスの発展が、学術コミュニケーションの多様性とグローバル化に大きな影響を与えると考えられます。この発展により、より多様な研究者や地域が参加しやすくなり、地域固有の研究や文化的な視点がより広く共有されることが期待されます。また、ダイアモンドオープンアクセスの普及により、高価なAPCに依存しない研究成果の公開が促進され、研究のアクセス可能性が向上することで、学術コミュニケーションの包括性と透明性が高まるでしょう。さらに、地域や言語の多様性が尊重されることで、より多くの研究者が自らの研究成果を発表し、世界中の研究者とのつながりを深める機会が提供されることが期待されます。
0