toplogo
サインイン

大規模言語モデルは、適切なガイダンスがあれば、認知的再評価を提供することができる


核心概念
大規模言語モデルは、適切なガイダンスに基づいて、ユーザーの状況に対する否定的な評価を変えることができる。
要約
本研究は、大規模言語モデルが認知的再評価を生成する能力を検証したものである。 認知的再評価とは、個人が状況を解釈する方法を変えることで、それに伴う感情を調整する心理学的手法である。 研究では、RESORT(REappraisals for emotional SuppORT)と呼ばれる、心理学的原理に基づいた再評価の指針を開発した。 この指針に基づいて大規模言語モデルに再評価を生成させ、臨床心理学の専門家による評価を行った。 評価の結果、適切なガイダンスの下で、7B規模の大規模言語モデルでも、ユーザーの状況に対する認知的再評価を生成できることが示された。 特に、明示的な状況の評価と指針の提示により、言語モデルの再評価生成能力が向上した。 一方で、人間の支援者の反応と比べても、言語モデルの再評価は心理学的に適切であると評価された。 これは、大規模言語モデルが、適切な指針の下で、感情支援に活用できる可能性を示唆している。
統計
人間関係の終わりは、自分の責任だと感じることがある。 状況に対処する自己効力感が低いと感じることがある。 状況に注意を向ける必要性を過剰に感じることがある。 状況に対する感情的な対処が難しいと感じることがある。 状況をコントロールできないと感じることがある。 状況が自分の価値観と一致しないと感じることがある。
引用
「状況を変えるのは考え方次第だ」 「自分には状況を改善する力がある」 「今は一時的な問題に過ぎない」

抽出されたキーインサイト

by Hongli Zhan,... 場所 arxiv.org 04-02-2024

https://arxiv.org/pdf/2404.01288.pdf
Large Language Models are Capable of Offering Cognitive Reappraisal, if  Guided

深掘り質問

状況に対する認知的再評価は、長期的な感情調整にどのように役立つのだろうか。

認知的再評価は、個人が状況をどのように評価するかに基づいて感情が生じるという認知的評価理論に基づいています。このアプローチは、人々が状況を再評価し、それによって感じ方を調整することができるという効果的な感情調整戦略です。短期的な結果だけでなく、長期的な結果にも影響を与えることが示されています。具体的には、人々が状況を再評価することで、よりポジティブな感情状態を生み出すだけでなく、生活満足度や自尊心などの長期的な結果にも影響を与えることが研究で示されています。
0