toplogo
サインイン

効率的な依存関係長の最小化: SOV言語における賢明な取り組み


核心概念
SOV言語の話者は、動詞に隣接する短い前置詞句を配置することで、依存関係長を効率的に最小化する。
要約
本研究は、SOV言語における前置詞句の順序決定について、依存関係長の全体的な最小化よりも、動詞に隣接する前置詞句の長さを短くする戦略の方が説明力が高いことを示している。 具体的には以下の知見が得られた: 自然言語コーパスの文章では、動詞に隣接する前置詞句が短い傾向にある。この傾向は、前置詞句の数が増えるほど強くなる。これは、話者が制限された認知リソースの中で効率的な発話を心がけていることを示唆している。 コーパスの文章と人工的に生成した文章の比較から、動詞に隣接する前置詞句の長さを最小化する戦略が、全体的な依存関係長の最小化よりも、SOV言語の前置詞句の順序決定をより良く説明できることが分かった。 前置詞句の順序を予測するタスクでは、動詞に隣接する前置詞句の長さを考慮することで、全体的な依存関係長を考慮するよりも高い精度が得られた。 これらの結果は、言語使用者が合理的な制約の下で効率的なコミュニケーションを行うことを示唆している。言語の柔軟性と語順の選好は、言語使用者の認知能力と情報処理の制限に適応した結果であると考えられる。
統計
動詞に隣接する前置詞句は、コーパスの文章では人工的に生成した文章よりも短い傾向にある。 前置詞句の数が増えるほど、動詞に隣接する前置詞句を短くする傾向が強くなる。
引用
"言語の柔軟性と語順の選好は、言語使用者の認知能力と情報処理の制限に適応した結果である。" "話者は制限された認知リソースの中で効率的な発話を心がけている。"

抽出されたキーインサイト

by Sidharth Ran... 場所 arxiv.org 04-30-2024

https://arxiv.org/pdf/2404.18684.pdf
Work Smarter...Not Harder: Efficient Minimization of Dependency Length  in SOV Languages

深掘り質問

言語使用者が合理的な制約の下で効率的なコミュニケーションを行うという知見は、言語進化の観点からどのような示唆を与えるだろうか。

言語使用者が合理的な制約の下で効率的なコミュニケーションを行うことは、言語進化の観点から重要な示唆を提供します。このような行動は、言語の進化において生存と繁栄に不可欠な要素である効率的な情報伝達を可能にします。言語はコミュニケーションの主要な手段であり、合理的な制約を考慮することで、情報を効果的に伝達し、理解を容易にすることができます。したがって、言語使用者が認知的制約や時間的制約を考慮しながらコミュニケーションを行うことは、言語の進化において適応的な戦略であると言えます。このような合理的な行動は、言語の効率性と進化における重要な要素として捉えられるでしょう。
0