toplogo
Sign In

生命科学分野における領域シフトに対応した特徴量学習を用いた固有表現抽出


Core Concepts
生命科学分野における固有表現抽出モデルを、化学分野のデータに適用するために、ソースドメインの知識を活用しつつ、ターゲットドメインの固有表現と誤って分類されやすいソースドメインの固有表現を分離する手法を提案する。
Abstract
本研究では、生命科学分野のデータを用いて事前学習したモデルを、化学分野のデータに適用する際の課題に取り組んでいる。 プリトレーニング段階では以下の2つの手法を提案している: 事象情報を活用して、ソースドメインの固有表現の特徴空間を構築する。 マルチ類似度損失関数を用いて、ソースドメインの固有表現をグループ化する。 ファインチューニング段階では、以下の手法を提案している: 事前学習モデルによって誤って化学固有表現と判断された固有表現をプセウドラベルとして検出する。 マルチ類似度損失関数を用いて、ターゲットドメインの固有表現とプセウドラベルの固有表現を分離する特徴空間を構築する。 提案手法は、3つのソースドメインデータと3つのターゲットドメインデータを用いた12のユースケースで評価され、ベースラインと比較して最大5%の絶対値改善を示した。
Stats
化学代謝物であるカテコールとハイドロキノンは、時間および濃度依存的にHL60およびHBMP細胞でアポトーシスを誘導したが、フェノール、NCR181、FLA873、およびFLA797、ならびにピロリジン環の酸化によって形成された誘導体は影響を及ぼさなかった。 正常なG1期の進行は、CDK4およびCDK6タンパク質キナーゼの活性によって促進される。これらのキナーゼはp16INK4タンパク質によって阻害される。 p15の発現は、ヒト角化細胞においてTGF-betaの処理によって約30倍誘導される。これは、p15がTGF-beta媒介性の細胞周期停止の効果器として機能する可能性を示唆している。
Quotes
"Named entity recognition is a crucial step in IE tasks. Existing models have achieved remarkable performance in the general domain (Lin et al., 2020; Wang et al., 2021b; Zhang et al., 2023; Shen et al., 2023b). However, in the scientific domains, e.g., medical or chemical domains, these models usually struggle due to the extremely large quantity of concepts, the wide presence of multi-token entities, and the ambiguity in detecting entity boundaries." "Large language models (LLMs) show an impressive performance on various NLP tasks such as question answering or text summarization (OpenAI, 2022). Models such as ChatGPT (OpenAI, 2022) can achieve outstanding results given just a few training examples (Wang et al., 2022). However, Kandpal et al. (2023) recently report that the performance of these models is proportional to the number of relevant documents present in their pretraining corpus. Thus, one can expect that their performance fluctuates across domains."

Deeper Inquiries

生命科学分野と化学分野の固有表現の違いを詳しく分析し、両分野の特徴を活かした統合的な固有表現抽出モデルを開発することはできないか。

生命科学分野と化学分野の固有表現にはいくつかの違いがあります。生命科学分野では、主に生物学的な実体やプロセスに関連する固有表現が一般的です。これには、タンパク質、遺伝子、細胞、疾患名などが含まれます。一方、化学分野では、化合物、元素、反応、化学物質の名前などが主な固有表現として特定されます。生命科学分野では、生物学的な関連性や階層構造が固有表現の特徴として重要ですが、化学分野では、化学的な構造や反応性が重要な要素となります。 両分野の固有表現を統合的に抽出するためには、各分野の特徴を理解し、適切な特徴量抽出やモデル設計を行う必要があります。例えば、生命科学分野ではバイオメディカルイベントや生物学的な関係性を考慮し、化学分野では化学構造や反応性を重視した特徴量を抽出することが重要です。さらに、両分野の固有表現の違いを考慮して、適切なラベル付けや分類アルゴリズムを組み込むことで、統合的な固有表現抽出モデルを開発することが可能です。
0