toplogo
Sign In

LLM4VV: Developing LLM-Driven Testsuite for Compiler Validation


Core Concepts
Large language models are utilized to automatically generate tests for compiler validation, focusing on OpenACC implementations.
Abstract
The content discusses the development of a testsuite using state-of-the-art LLMs to validate and verify compiler implementations for OpenACC. It explores various prompt engineering techniques and fine-tuning methods to generate tests for high-performance computing compilers. The study highlights the importance of accurate test generation and the potential of LLMs in this domain. Directory: Introduction Discusses the capabilities of LLMs in understanding natural language and code generation tasks. Motivation Highlights challenges in compiler implementation validation and the need for automated testing. Overview of LLMs Describes transformer architecture, training stages, and input processing for LLMs. Prompt Engineering Techniques Explains specialized prompts, one-shot prompting, retrieval-augmented generation (RAG), and expressive prompts. Fine-tuning of LLMs Details the process of fine-tuning LLMs on domain-specific datasets for task optimization. Reinforcement-Learning with Human Feedback (RLHF) Introduces RLHF as a training technique based on human preference feedback. LLM Benchmarks Evaluates performance metrics of various LLMs using relevant benchmarks. Related Work Summarizes previous research on code generation using LLMs in HPC tasks. Methods Outlines the three-stage development process for generating validation tests using LLMs.
Stats
Large language models like GPT-4-Turbo achieved impressive scores on academic exams [1]. Open-source compilers interpret OpenACC specification to develop suitable compilers [6]. OpenACC offers varying levels of control over program execution [6]. Meta AI's Codellama has a context window up to 100k tokens [67].
Quotes
"LLMs require oversight but can be handy if the effort is front-loaded." "Fine-tuning can teach an LLM to solve a new task without examples in the prompt."

Key Insights Distilled From

by Christian Mu... at arxiv.org 03-12-2024

https://arxiv.org/pdf/2310.04963.pdf
LLM4VV

Deeper Inquiries

How can automated testing with LLMs impact software development practices beyond compiler validation?

自動テストにLLMを活用することで、ソフトウェア開発プラクティスにさまざまな影響が及ぶ可能性があります。例えば、以下のような点が挙げられます。 効率的なテスト作成: LLMを使用することで、大規模かつ複雑なコードベースに対して迅速かつ正確なテストケースを生成できるため、開発プロセス全体の効率化が期待されます。 ドメイン特化型テスト: LLMは特定のドメインや業界に特化したテストケースも生成できるため、専門知識や経験豊富なエンジニア以外でも高品質なテストを作成することが可能です。 網羅的なカバレッジ: LLMは大量のデータから学習し、幅広いコーディングパターンやユースケースを理解しているため、従来の手法では見落としがちだったエッジケースや隠れたバグも検出する能力が向上します。 リファクタリング支援: コード変更時に既存のテストスイートを更新・修正する必要がある場合、LLMを活用すれば変更箇所に応じて適切な新しいテストケースを自動生成できます。 教育およびトレーニング補助: 新人エンジニアや学生向けに教育目的で使用される際も、LLMは実践的かつ多様な問題設定から学習し適切なフィードバック提供することが可能です。

What are potential drawbacks or limitations of relying heavily on large language models for test generation?

LLMに頼りすぎることはいくつかの欠点や制限事項も考えられます。具体的には次のような点が挙げられます: 信頼性と精度: LLMは訓練データから学んだ内容しか利用できず、「幻想」(hallucinations)現象や誤った情報提供(false facts)問題等起こり得る。その結果生成されたコードまたは テスト も不正確また 本当 の 問題 を 反映 しない 場合 あり. セキュリ ティ 上 の 懸念: 大規模 言語 モデル を 使用 す る場 合, 機密 情報 の 泄漏 可能 性 等, セキュリ ティ 上 の 懸念 も 存在. 過剰依存: 過度 の LL M 依 存 し 開 発者 自身 の スキル アップ 不足 可能 性. 4.計算資源負担: 大規模言語モデル(例:GPT-4)では膨大且巨大数値パラメータ数使っています 。これらモデル推論処理時間長くGPU/CPU等計算資源消費多く 5 .**透明性不足: * * LL M 内部 処理 黒 箱 化 , 処理 根拠 解釈 困難.

How might advancements in prompt engineering techniques influence other AI applications outside of code generation?

Prompt engineering技術進歩他AI アプリケーション分野 影響与え方面: 1 .*ナチュラルランゲージ処理(NLP): * Prompt工程技術 NLP 分野 応用 広範囲 影響与え 入力 文章 処理改善 提案文書要約等 2 .*会話シス テム: * Prompt 工程 技術会話シ ス テム 改善 対話流暢感増加 定型回答 提案 能力強化 3 .*情報検索: * Prompt工程技術情報検索分野関連文書抽出精度向上 9 4 .*医療診断: * Prompt 工程 技術医療画像解析 衛星画像解析 病気予測等健康関連分野有益影響与え. 5.* **金融サービス:***Prompt工程技术金融サービス業務 自然言語入力処理改善契約件記述 書類自動生成 効率向上 6.* **製造業:***Prompt工程技术製造業 生産管理品質管理 生産計画立案等意思決定支援促進
0