toplogo
Sign In

KTbench: A Novel Data Leakage-Free Framework for Knowledge Tracing


Core Concepts
Proposing a framework to prevent data leakage in knowledge tracing models and introducing model variations to enhance performance.
Abstract
Introduction to Knowledge Tracing (KT) models and the use of Knowledge Concepts (KCs). Issues with existing KT models leading to data leakage and performance hindrance. Introduction of a masking framework to mitigate data leakage and improve model performance. Presentation of KTbench, an open-source benchmark library for reproducibility. Comparison of original KT models with proposed variations on different datasets. Results showing improved performance with the proposed model variations. Importance of fair benchmark comparisons by enforcing similar sequence lengths across models.
Stats
Many KT models expand the sequence of item-student interactions into KC-student interactions by replacing learning items with their constituting KCs. This often results in a longer sequence length. The first problem is the model’s ability to learn correlations between KCs belonging to the same item, which can result in the leakage of ground truth labels and hinder performance. The second problem is that available benchmark implementations ignore accounting for changes in sequence length when expanding KCs, leading to different models being tested with varying sequence lengths but still compared against the same benchmark.
Quotes
"Models trained using this method can also learn to leak data between KCs of the same question and thus suffer from degrading performance." "To address these problems, we introduce a general masking framework that mitigates the first problem and enhances the performance of such KT models while preserving the original model architecture without significant alterations."

Key Insights Distilled From

by Yahya Badran... at arxiv.org 03-25-2024

https://arxiv.org/pdf/2403.15304.pdf
KTbench

Deeper Inquiries

How can preventing data leakage impact the scalability of knowledge tracing models

データ漏洩を防ぐことが、知識トレースモデルの拡張性にどのような影響を与えるか? データ漏洩を防ぐことは、知識トレースモデルの拡張性に重要な影響を与えます。データ漏洩が発生すると、モデルは同じ質問内の異なるKC間で情報が漏れてしまい、パフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。このような状況では、正確な予測や適切な学習が妨げられるため、大規模で複雑な教育システムや多くの学習者に対応する際に問題が生じる可能性があります。 また、データ漏洩を防止するために導入された追加的手法やマスクラベルは計算コストや処理時間も増加させる可能性があるため、これらのアプローチは効率的かつ効果的である必要があります。したがって、知識トレースモデル全体の設計および実装方法は十分検討されている必要があります。

What are potential drawbacks or limitations of using <MASK> labels in knowledge tracing frameworks

ナレッジトレースフレームワークで<MASK>ラベルを使用することの欠点や制限事項は何ですか? <MASK>ラベルを使用する場合の潜在的な欠点や制限事項はいくつか考えられます。まず第一に、<MASK>ラベル自体も新しい情報源として扱われる可能性があるため、「不正解」または「正解」と同等に取り扱われてしまうリスクが存在します。これにより意図しない結果や誤った予測値を引き起こす恐れもあります。 さらに、<MASK>ラベリング手法では特定の文脈依存関係やパターン抽出能力から逸脱してしまう場合も考えられます。その結果、「不適切」または「不明確」な推論結果を導く可能性もあるため注意深く運用する必要があります。 最後に、「<MASK>」ラベリング手法自体も追加コスト(例:メンテナンスコスト)および処理負荷増大という面から柔軟性低下やシステム全体の効率低下という課題も伴います。

How might incorporating additional features beyond KCs affect the performance of knowledge tracing models

KC以外の追加フィーチャーを含めることで知識トレースモデルのパフォーマンスにどんな影響を与え得るか? KC以外の追加フィーチャー(例:時系列情報,回答履歴,学習者属性等) を含むことで知識トレース モ デ ル の 性 能 お よ び 汎 化 性 を 向 上 さ せ る 可 能 性 が 存 在 します 。 追 加 的 情 報 の 組 込み 通 道 を 利用す ることで,精度向上,決定根拠可視化,特徴量エンジニアリング等多岐 の利点 を享受出来得 , 整合 的・包摂 的 アプローチ開発・展開等幅広い応用展望創出 可能です. しかしながら , 追 加 特 徴量 導 入時 の 注意 点 も 存 在します.例えば , 高次元空間生成 ・管理 コ ス ト増 大 ,オペ レイショナ ル 複雑 度上昇 ,非有 効変数 問題 発 生 等 様々挑戦 相対付け られ得 ました.その他, 不均衡サンプリングバイア ス, 選択バイ ア ス, 正削除比率最適化 , 特徴量相関分析, 交差検証戦略 最適化等技術/方法採用 必然です.
0