toplogo
Sign In

Distill2Explain: Differentiable Decision Trees for Explainable Reinforcement Learning in Energy Application Controllers


Core Concepts
提案された方法は、説明可能な決定木を使用してRLベースの制御ポリシーを獲得し、満足できる制御性能と説明可能性を達成します。
Abstract
需要側の柔軟性がエネルギー転換プロセスで重要性を増している。 データ駆動型制御フレームワークに基づく新しい手法が提案されており、説明可能なRLポリシーを取得することが目的。 DDTを使用したポリシーディスティレーションアプローチにより、単純で説明可能な制御ポリシーが学習されます。 実証実験では、DDTによる制御ポリシーがRBCよりも優れたパフォーマンスを示しました。 DDTは教師DQNエージェントのパフォーマンスと比較して満足のいく結果を達成しました。 Introduction: Demand-side flexibility is crucial in the energy transition process. Proposed method aims to obtain explainable RL-based control policies using differentiable decision trees. Methodology: Differentiable Decision Trees (DDTs) are used for policy distillation. Training setup involves training teacher agent with DQN and then distilling knowledge to train student DDT. Results: Performance evaluation showed that DDTs outperformed baseline RBC controller. Explainability comparison demonstrated that DDT policies were more intuitive than DQN policies.
Stats
データ効率性の問題や深層ニューラルネットワークに基づく場合の不透明性に対処するために、異なる意思決定木を使用することが提案されています。
Quotes

Key Insights Distilled From

by Gargya Gokha... at arxiv.org 03-19-2024

https://arxiv.org/pdf/2403.11907.pdf
Distill2Explain

Deeper Inquiries

今後この手法は他のエネルギーシナリオでも有効か検討する価値はあるか?

提案されたDDT(Differentiable Decision Trees)アプローチは、エネルギー管理システムにおける制御ポリシーを説明可能な形式に変換する革新的な方法であり、将来のエネルギーシナリオにおいても有用性が期待されます。例えば、再生可能エネルギー発電や蓄電池利用が増加している現代社会において、家庭や産業部門での需要側フレキシビリティを最大限活用するための制御フレームワークとして適用できます。さらに、異なる環境条件や要件下での実験を通じて、その汎用性と柔軟性を評価し拡張することが重要です。
0