toplogo
Sign In

Limit Order Book Dynamics and Order Size Modelling Using Compound Hawkes Process: A Comprehensive Study


Core Concepts
Proposing a novel methodology using Compound Hawkes Process to model Limit Order Book dynamics, addressing order size variability and spread constraints.
Abstract
The study introduces a novel approach using Compound Hawkes Process to model Limit Order Book dynamics, focusing on order size variability and spread constraints. The research outlines the formulation of the process, calibration methods, and empirical observations. Key highlights include: Introduction to Hawkes Process for LOB modeling. Empirical distributions of order sizes. Properties of the order book dynamics. Formulation of Compound Hawkes Process. Calibration methodology for simulated data. Quality of fit metrics and comparison with Poisson models. Market impact study results and analysis.
Stats
Hawkes ProcessはLOBのダイナミクスをモデル化するために使用されている。 Empirical Distributions of Order Sizes: Appleの2週間分のデータを示し、市場注文とリミット注文のサイズに関する実証的なヒストグラムをプロットしている。 Properties of the Order Book Dynamics: 注文ブックの性質に関するいくつかのバリエーションが存在し、Bid-Ask Spreadは常に非負であることが重要である。 Compound Hawkes Process: 12次元のCompound Hawkes Processを定義し、各次元が異なるイベントタイプを表すことが示されている。
Quotes

Deeper Inquiries

過去の注文サイズが注文到着強度に影響を与える可能性があるかどうかはどうですか?

この研究では、過去の注文サイズが注文到着強度に直接的な影響を与えるという仮定は行われていません。代わりに、Hawkesプロセスモデルを使用し、注文間隔や取引量などの要素から未来のイベントを予測しています。実際には、著者らは過去の注文サイズが直接的な因果関係を持つことに対する証拠が不足しているため、Compound Hawkes Process(CHP)モデルを採用しました。したがって、この研究では過去の注文サイズと到着強度との関連性よりも、時間依存性や市場インパクトなど他の要素へ焦点を当てています。
0