toplogo
Sign In

Retail Central Bank Digital Currency: Motivations, Opportunities, and Mistakes


Core Concepts
Retail CBDC presents opportunities but raises concerns about privacy and control in digital payments.
Abstract
Nations are exploring retail CBDC as a digital form of money alongside cash and reserves. Motivation stems from declining use of central bank money for retail purchases. Proposals worldwide spark debates on business models, privacy, and regulatory frameworks. Concerns include privacy, custody models, role of identity, and central bank involvement in transactions. Various countries have conducted consultations on CBDC design. Privacy is a key concern with proposals suggesting limitations that may impact consumer rights. Custody models differ with some proposals favoring intermediaries over direct possession by users. Role of identity in transactions varies between balances and tokens with implications for privacy and control. Centralized processing by the central bank raises concerns about data integrity and rule changes without warning.
Stats
中央銀行デジタル通貨(CBDC)の提案は、プライバシーと犯罪抑止のバランスを重視しています。 CBDCは銀行預金と競合する可能性がありますが、設計によっては異なる影響を与える可能性があります。 プライバシーへの懸念や、保管モデル、アイデンティティの役割、中央銀行の取引への関与について議論されています。 各国でCBDC設計に関する協議が行われており、プライバシーが主要な懸念事項です。 一部の提案では、ユーザーによる直接的な所有権よりも仲介業者を優先する保管モデルが採用されています。 取引におけるアイデンティティの役割は残高とトークンで異なり、プライバシーやコントロールに影響を与えます。 中央銀行による集中処理は、データの整合性や予告なしの規則変更への懸念を引き起こします。
Quotes
"Any CBDC would need to strike an appropriate balance between safeguarding the privacy rights of consumers and affording the transparency necessary to deter criminal activity." "The ability for consumers to retain the ability to engage with the digital economy without exposing their transactions to the risk of profiling should be a primary motivation for CBDC." "CBDC can be designed so that it is useful primarily as a medium of exchange for making retail payments, rather than a long-term store of value."

Key Insights Distilled From

by Geoffrey Goo... at arxiv.org 03-13-2024

https://arxiv.org/pdf/2403.07070.pdf
Retail Central Bank Digital Currency

Deeper Inquiries

CBDCが実装された場合、消費者は本当に自分自身のお金を所有しているかどうか疑問ですか?

CBDC(中央銀行デジタル通貨)が実装された場合、消費者が本当に自分のお金を所有しているかどうかという点について疑問が生じます。現金と同様に、CBDCも直接保持し制御することが可能であるべきです。しかし、多くの提案では非管理型ウォレットやアカウント経由での利用を前提としており、個人所有権やコントロール権限が不明確なままです。このような設計では消費者は本当に自らの資産を保有・管理しているわけではなく、第三者やシステム全体に依存することになります。

プライバシーと犯罪抑止策は常に相反する価値観ですか?それらを同時に満たすための適切な設計は可能ですか?

プライバシーと犯罪抑止策は常に相反する価値観ではありません。適切な設計次第で両方を同時に満たすことは可能です。例えば、非管理型ウォレットやトランザクション情報からユーザー特定情報を排除するプライバシー向上技術を活用することで、ユーザープライバシーを保護しつつも法令順守や犯罪防止対策も十分考慮したデジタル通貨設計が可能です。

中央銀行が取引処理を直接担当することで生じるリスクや課題は何ですか?

中央銀行が取引処理を直接担当する際のリスクや課題は複数存在します。 セキュリティリスク:中央集権的な取引処理インフラストラクチャーではセキュリティ面で重大な危険性があります。 歴史的記録への介入:中央集権的エンティティがトランザクション履歴記録そのものへ影響力及ぼす可能性から信頼性低下。 透明度欠如:参加者間で一元化された決定メカニズムだけれど透明度不足から真実版履歴確立難しい。 柔軟性喪失:中央主体操作下だった場合ルール改正困難さ等柔軟性減少要因多数挙げられます。 これら要素から見て、「最良執行ネットワーク」等分散型手法採用必要性示唆されています。参加民間企業操作義務付与しつつ規制庁指導役創出方式推奨し各種関係者意思統一後効果発揚可否評価方法提示します。
0