toplogo
Sign In

T-MARS: Improving Visual Representations by Circumventing Text Feature Learning at ICLR 2024


Core Concepts
Large web-crawled multimodal datasets require efficient data filtering to improve visual representation learning.
Abstract
Abstract: Large web-crawled datasets power new methods for visual representations. T-MARS filters out text-dominated image-caption pairs to enhance visual feature learning. Experimentally, T-MARS outperforms CLIP filtering on ImageNet and VTAB. Introduction: Shift in ML training from labeled datasets to web crawls. Vision-language models like CLIP demonstrate exceptional zero-shot performance. Data curation challenges at web scale necessitate innovative approaches. Method: T-MARS masks text in images and filters based on CLIP similarity scores. Empirical effectiveness of T-MARS demonstrated through experiments on LAION subsets. Related Work: Comparison with existing baselines like C-RHO and C-SSFT for data filtering. Vision-language pre-training models like CLIP and BASIC discussed. Experiments: Evaluation of various data curation strategies across different dataset sizes. Linear scaling trends observed in accuracy gains as data size increases exponentially. Results: T-MARS consistently outperforms baselines across various downstream tasks. Utility analysis shows the importance of filtering out bad examples over adding new samples.
Stats
T-MARSはImagenetでCLIPフィルタリングを6.5%、VTABで4.7%上回る。
Quotes
"Data curation at web scale raises unique challenges compared to the standard classification regime." "Our scaling trends show that good-quality data filtering holds even more significance at large scales."

Key Insights Distilled From

by Pratyush Mai... at arxiv.org 03-20-2024

https://arxiv.org/pdf/2307.03132.pdf
T-MARS

Deeper Inquiries

How can the findings of this study be applied to other multimodal datasets

この研究の結果は、他のマルチモーダルデータセットにどのように適用できるでしょうか? この研究では、T-MARSというデータフィルタリングアプローチが提案されており、テキストが視覚的特徴を支配する画像を除外することで視覚表現学習を向上させる効果が示されています。これらの発見は、他のマルチモーダルデータセットにも応用可能です。例えば、異なるドメインやタスクにおいても同様の手法を使用して、不要な情報やバイアスが含まれたデータポイントを取り除くことで、より高品質なビジュアル表現学習を実現することが考えられます。

What are the potential biases introduced by data filtering, and how can they be mitigated

データフィルタリングによって導入される潜在的なバイアスとは何か?またそれはどのように軽減できるか? データフィルタリングにはいくつかの潜在的なバイアスが存在します。例えば、「良い」または「悪い」という基準設定や特定の属性への偏見が影韓力あった場合、選択したサンプル集合自体に偏りや歪みが生じる可能性があります。これらのバイアスを軽減するためには、透明性と公平性を重視し、選択基準や処理手順を厳密化して客観的かつ公正な方法でデータポイントを評価・排除する必要があります。さらに多角度から結果や判断根拠を分析し議論することも重要です。

How does the concept of utility analysis impact future research in visual representation learning

効用分析(utility analysis)コンセプトは将来的なビジュアル表現学習へどう影響しますか? 効用分析コンセプトは将来的なビジュアル表現学習へ大きな影響力を持ちます。この分析手法では各種類のデータ点ごとにその追加価値(utility) を評価し比較します。具体的に言えば、「OCRだけ」特徴量しか持たず有益では無いサンプ ル よ り 「可 見 的 特 徴 の み」 を 持 つ サ ン プ ル の 追 加 効 率 (Uit) や 「 OCR 特 徴 + ラ ンダム特徴」(Uirt)等 の追加効率(Ur) を計算します。 これら の 分 析 結 果 から, 将 来 的 な 研 究 面 接す る 報告書 アッパー 大変 影 音業界 表す 学問領域全般でも, 各種類型毎利益寄与度及差異関係深掘り認識意義大きく成長展開予想されます 。新技術開発戦略立案時参考材料供給役割担います 。
0