toplogo
Sign In

EcoSense: Energy-Efficient Intelligent Sensing for In-Shore Ship Detection through Edge-Cloud Collaboration


Core Concepts
提案されたエッジクラウド協調センシングシステムは、海洋物体検出の複雑さに対処し、優れた性能を実証しています。
Abstract
ABSTRACT 海上物体検出の課題と提案されたシステムの概要 エッジとクラウドでのオブジェクト分類方法とその効果 INTRODUCTION IMODの重要性と現在使用されているセンサーに関する情報 AIS、RADAR、RGBカメラなどのセンサーに関する問題点 RELATED WORK Fine-grained Image AnalysisとObject Detectionについての研究内容 METHOD フロントエンドモデルとバックエンドモデルの詳細な説明 Front-end ModelではGhostNetやAttention Modulesを使用していることが強調されている EXPERIMENTS 使用したデータセットや実装詳細についての情報 モデルのパフォーマンス比較結果やエネルギー消費率などが示されている
Stats
提案システムはmAP@0.5でSOTAを4.3%(SeaShips)および1.9%(SMD-Plus)上回りました。 システムはデータ伝送量を95.43%(SeaShips)および72.7%(SMD-Plus)削減しました。
Quotes
"提案されたシステムは広範囲な埋め込みシステムプラットフォームで検証されました。" "我々のフレームワークは、中央集権的アプローチに比べて通信および推論コストを大幅に節約します。"

Key Insights Distilled From

by Wenjun Huang... at arxiv.org 03-22-2024

https://arxiv.org/pdf/2403.14027.pdf
EcoSense

Deeper Inquiries

提案されたエッジクラウド協調センシングシステムが他の産業分野でも有効かどうか?

提案されたエッジクラウド協調センシングシステムは、他の産業分野でも非常に有用であると考えられます。例えば、製造業では機械や設備の監視やメンテナンスに活用することができます。センサーデータをリアルタイムで処理し、異常を早期に検知して生産プロセスの安定性を向上させることが可能です。また、交通・輸送業界では自動運転技術や交通管理などに応用することも考えられます。このような分野でのデータ収集および解析において、エネルギー効率的かつ高性能なシステムは重要です。
0