toplogo
Sign In

MRI Parallel Imaging Reconstruction with Implicit Neural Representation


Core Concepts
MRIの並列イメージング再構築における暗黙的ニューラル表現の重要性
Abstract
MRIは長い取得時間に直面しており、並列イメージング(PI)はこの問題を緩和するための戦略として探求されている。 INRは連続関数としてオブジェクトを特徴づける深層学習技術として最近注目されており、医用画像にも応用されている。 本研究では、INRを使用した新しいMRI PI再構築手法が提案されており、その性能が他の再構築手法よりも優れていることが実験で示されている。 実験結果は、提案手法が高品質な画像を生成し、他のMRI PI再構築手法よりも優れた性能を発揮することを示している。 Introduction MRIは非イオン化医用画像モダリティとして重要であるが、取得時間が長い課題がある。 加速化戦略にはK空間ラインの省略やPIなどが含まれる。 Methodology MRIシステムではアンダーサンプリングされたK空間信号yはAI + nと表現され、Iは再構成すべき画像でありnは測定ノイズである。 Experiments and Results 提案手法はGRAPPA、RAKI、rRAKIなど他の手法と比較して優れた性能を示し、高品質な画像を生成することが確認された。 膝データセットでも同様に提案手法がノイズやアーティファクトを減少させ、高解像度の詳細な画像を回復した。
Stats
I = fθ(γ(x), vsx) argmin θ 1 2||I∗ − Iθ||2
Quotes

Deeper Inquiries

今後の研究ではさらに多くのMRI再構築スケールやMRIデータタイプを期待する。この提案手法は完全サンプリングおよびアンダーサンプリング画像ペアに依存しており、臨床現場で難しい。そのため、提案手法に基づく教師なしアプローチについてさらなる調査が必要です。

提案されたINRベースの並列撮影再構築フレームワークは、特定の被写体やアンダーサンプリングスケールに制限されることなく、平行MRI画像再構築を可能とします。しかし、この方法は監督学習方式で訓練されており、実際の臨床現場で得ることが難しい完全サンプル済みおよびアンダーサンプル画像ペアに依存しています。したがって、提案手法を基盤とする教師なしアプローチが未だ探求されている領域であります。これまで以上の効果的かつ堅牢な方法論を開発するためには、将来的な研究が不可欠です。
0