toplogo
Sign In

AVicuna: Audio-Visual LLM for Temporal Referential Dialogue


Core Concepts
AVicuna introduces a novel framework for audio-visual understanding, addressing challenges in TRD with state-of-the-art performance.
Abstract
The content discusses AVicuna, a model focusing on Temporal Referential Dialogue (TRD) in audio-visual media. It introduces datasets like PU-VALOR and A5-222K to enhance audio-visual understanding. AVicuna's architecture, multi-stage fine-tuning process, experimental results, ablation studies, and potential impact are detailed. Introduction Large Language Models (LLMs) advance natural language processing. Challenges in spatial and temporal details understanding. Method PU-VALOR Dataset Creation of pseudo-untrimmed videos with temporal annotations. Architecture of AVicuna Multimodal Encoders, Connective Adapters, AVTI for temporal alignment. Multi-stage Fine-tuning Vision/Audio-text alignment, Context-Boundary Alignment, Instruction Tuning. Experimental Results Quantitative Experiments Comparison with existing models on various tasks. Ablation Study Impact of components like AVTI, modalities, datasets on performance. Qualitative Analysis Examples showcasing AVicuna's accurate temporal understanding. Discussion & Conclusion Limitations include hallucination and spatial comprehension issues.
Stats
PU-VALORデータセットは114k以上のアンシーン動画を提供。 A5-222Kデータセットには22万以上のオーディオテキストペアが含まれる。
Quotes
"AVicuna achieves advantageous performance in various video and audio-video understanding tasks." "AVicuna surpasses all other LLM-based models on both video QA and AVQA benchmarks."

Key Insights Distilled From

by Yunlong Tang... at arxiv.org 03-26-2024

https://arxiv.org/pdf/2403.16276.pdf
AVicuna

Deeper Inquiries

How can the hallucination issue be mitigated in models like AVicuna

モデルAVicunaのようなモデルにおける幻覚問題を軽減するためには、いくつかのアプローチが考えられます。まず第一に、訓練データ内での不正確な情報やバイアスを特定し、それらを排除することが重要です。さらに、生成された出力の検証段階を強化し、出力が入力データから逸脱していないかどうかを確認することも効果的です。また、追加の制約条件や損失関数を導入して生成される情報が現実世界と整合性があるように保持する方法も有効です。

What are the implications of biases present in training data when deploying models like AVicuna

AVicunaのようなモデルを展開する際にトレーニングデータ内で存在するバイアスは深刻な影響を及ぼす可能性があります。これは特に偏見や不公平さが反映されている場合に顕著です。この問題への対処法としては、トレーニングデータ自体や学習過程で発生したバイアスを定期的に監視・修正し、公平性と多様性を促進する取り組みが必要です。さらに、モデル展開前後でシステム全体のエシカルチェックリストやオンライン監視手法なども導入することでバイアス影響範囲を最小限化します。

How can the spatial-temporal grounding in long-form videos be improved beyond what AVicuna offers

AVicuna以上の長時間ビデオ内で空間-時間グラウンド化能力向上策として以下提案します。 マルチタスク学習: 複数タスク同時学習モジュール導入し,ビジョン理解だけではなく,音声理解等他領域知識活用 拡張メモリメカニズム: 長期依存関係捉えるため,記憶セル拡充 動的コンテキスト統合: 動画中変動パターン把握, ダイナミックコンテキスト更新 教師付きファインチューニング: 人間介在型フォースラーニング等教師信号利用 これら施策採用すれば,空間-時間グランド能力向上可能性高まります.
0