toplogo
Sign In

TrojFSP: Trojan Insertion in Few-shot Prompt Tuning


Core Concepts
TrojFSP introduces a method to address security challenges in few-shot prompt tuning, achieving high attack success rates while maintaining clean data accuracy.
Abstract
Prompt tuning is effective for adapting pre-trained language models (PLMs) to new tasks with few samples. TrojFSP addresses security issues like poisoned imbalance and overfitting in few-shot prompt tuning. Techniques like Target-Class Shrink and Selective Token Poisoning are used to improve attack performance. Trojan-Trigger Attention objective function enhances the attention of poisoned prompts on triggers. TrojFSP achieves high ASR (>99%) with minimal CDA loss across various PLMs and datasets.
Stats
Prompt tuningは、少数のサンプルで事前学習された言語モデル(PLM)を新しいタスクに適応させるのに効果的です。 TrojFSPは、few-shot prompt tuningでのセキュリティ課題を解決する方法を導入し、高い攻撃成功率を実現しながらクリーンなデータ精度を維持します。 Target-Class ShrinkやSelective Token Poisoningなどの技術が攻撃パフォーマンスを向上させるために使用されています。 Trojan-Trigger Attention目的関数は、トリガー上の毒入りプロンプトへの注意を高めます。 TrojFSPは、さまざまなPLMとデータセットで高いASR(> 99%)を達成し、CDA損失を最小限に抑えます。
Quotes

Key Insights Distilled From

by Mengxin Zhen... at arxiv.org 03-20-2024

https://arxiv.org/pdf/2312.10467.pdf
TrojFSP

Deeper Inquiries

他の記事と比較して、TrojFSPがどのように異なるセキュリティ上の課題に対処していますか

TrojFSPは、従来のpromptベースのバックドア攻撃と比較して、いくつかのセキュリティ上の課題に効果的に対処しています。まず、TrojFSPではTarget-Class Shrink(TC-Shrink)技術を導入し、毒されたデータセットが不均衡である問題に取り組んでいます。これにより、非目標クラスからターゲットクラスへ変更されたサンプル数を適切に調整し、CDA(Clean Data Accuracy)を最小限に抑えながら高いASR(Attack Success Rate)を実現しています。さらに、TrojFSPはSelective Token Poisoning技術を使用してオーバーフィッティング問題も解決しました。この手法では一部のトークンだけを更新することで攻撃効果を向上させています。

この研究結果がNLPシステムへのバックドア攻撃への脅威をどのように増大させる可能性がありますか

この研究結果がNLPシステムへのバックドア攻撃への脅威を増大させる可能性は重要です。TrojFSPは少数サンプルで動作するbackdoor attack手法でありながら高いASRと低いCDAロス率を達成したことから、悪意ある第三者がNLPシステム内部に容易かつ隠れて有害なbackdoor攻撃手段を埋め込む可能性が考えられます。これは信頼性や安全性面で深刻な影響を及ぼす恐れがあります。

TrojFSP以外にも、NLPシステムへのバックドア攻撃から保護するための効果的な方法はありますか

TrojFSP以外でもNLPシステムへのバックドア攻撃から保護する方法は幾つか存在します。例えば、「RAP」と呼ばれる単語ベースの堅牢性意識摂動法や「ONION」というトリガーワード除去手法などです。「RAP」は毒されたサンプル特定用途設計されており、「ONION」はトリガーワード削除方法です。 しかし、「RAP」「ONION」等も私たち TrojFSP のような見えざる文法的トリガー利用 backdoor 攻撃 事例 を扱う能力 限界 あります 。その他防御策として プロントートークン の無関係 削減 や 様々 試行 結果 反映 特定 非重要 プロントートークン 削減 方法 提案 可能 性 考慮 応じ 対応 方法 実施 効果 的 技術提供 致します 。
0
visual_icon
generate_icon
translate_icon
scholar_search_icon
star