toplogo
Sign In

DL2Fence: Deep Learning Framework for DoS Detection in NoCs


Core Concepts
DL2Fence introduces a novel framework utilizing Deep Learning and Frame Fusion for enhanced detection and localization of Denial-of-Service attacks in large-scale NoCs.
Abstract
1. Introduction NoC architecture in MPSoCs integrates various IPs like CPUs, GPUs, and memory controllers. High-intensive computation and communication tasks make systems vulnerable to DoS attacks. 2. DoS Attacks in NoCs Flooding attacks aim to exhaust resources, degrade performance, and increase power consumption. Traditional approaches monitor network traffic indicators for detection. 3. Proposed Framework DL2Fence utilizes Deep Learning models for classification and segmentation to detect and localize DoS attacks. Multi-Frame Fusion technique enhances the accuracy of victim localization. 4. Features and Model Selection VCO feature excels in detection while BOC feature performs well in both detection and localization. CNN models with minimal architecture are chosen for efficient performance. 5. Experiments and Results Detection accuracy ranges from 0.93 to 0.99, with precision close to 1. Localization accuracy varies from 0.91 to 0.98, with precision around 0.99. Hardware overhead decreases by 76.3% when scaling from 8x8 to 16x16 NoCs. 6. Conclusion DL2Fence achieves high detection and localization accuracies with reduced hardware overhead, making it scalable for larger NoCs.
Stats
DL2Fenceは、DoS攻撃の検出とローカライゼーションを向上させるためにDeep Learningとフレームフュージョンを利用する新しいフレームワークです。 DL2Fenceは、16x16メッシュノードで95.8%の検出精度と91.7%のローカライゼーション精度を達成します。 ハードウェアオーバーヘッドは、NoCサイズが8x8から16x16にスケーリングする際に76.3%減少します。
Quotes

Key Insights Distilled From

by Haoyu Wang,B... at arxiv.org 03-21-2024

https://arxiv.org/pdf/2403.13563.pdf
DL2Fence

Deeper Inquiries

どのようにしてDL2Fenceは他の関連作品と比較して異なりますか?

DL2Fenceは、従来のDoS攻撃検出およびローカライゼーション手法と比較していくつかの重要な点で異なります。まず、DL2Fenceは深層学習(Deep Learning)を活用し、Convolutional Neural Networks(CNN)モデルを使用することで高度な特徴フレーム分類およびセグメンテーションを実現しています。これにより、DoS攻撃の検出精度やローカライゼーション精度が向上しました。 さらに、DL2FenceではMulti-Frame FusionやTable-Like Methodなどの新しい手法を導入しており、攻撃経路や被害者の正確な特定が可能です。このアプローチは他の研究では見られないものであり、効果的な攻撃対策を提供しています。 また、ハードウェアオーバーヘッドも大幅に削減されており、16x16 NoCでもわずか0.45%から1.9%程度という低い水準であるためスケーラビリティが高く設計されています。これによって大規模NoCシステムでも効率的かつ軽量化されたセキュリティ対策が可能です。

どうDos攻撃への対処方法は実際ワークロードで有効ですか?

DL2Fence技術はSTP(Synthetic Traffic Pattern)やPARSECベンチマーク等実際のワークロードでも優れた性能を発揮します。STPではDoS攻撃検出時に平均98%以上という高い正解率・適合率・再現率を達成しました。一方PARSECでも90%以上という高水準で安定したパフォーマンスが示されました。 特にBOC(Buffer Operation Counts)フィーチャーを使用した場合、STPベンチマークでは非常に優れた結果が得られました。BOCデータは明確な攻撃経路を示すことから局所化タスクで有効性が高まっています。 そのため、「少量データ交換だけど多数計算」必要性があるPARSEC作業負荷下ではFlooding DoS (FDoS) 攻撃もROI内ですばやく検知・局所化することが可能です。「ストレージトラフィックパターン」と同じ条件下ではVCO+BOCフィートセット利用時最良結果得られる事例もあります。

この技術が将来的に他のセキュリティ領域にどんな影響を与える可能性

DL2Fence技術は今後他のセキュリティ領域でも革新的影響力持ちそうです。 ネットワーク通信: DL2Fence の Deep Learning アプローチや Multi-Frame Fusion 技術は通信インフラ全体で利用可能 クラウドコンピューティング: 大規模システム内部また外部から発生しうる DoS 攻撃迅速識別及び制御 サイバーセキュリティ: 次世代サイバースペース防御戦略開発支援 IoT: IoT デバイス間通信監視強化 これら分野含め底辺情報保護ニーズ増加中, DL2fense の柔軟応用範囲拡大予想されます。
0