toplogo
Sign In

Sneaking as a Playful Input Modality for Virtual Environments: Exploring the Potential


Core Concepts
Exploring the potential of sneaking as a playful input modality for immersive virtual environments.
Abstract
仮想環境における遊び心のある入力モダリティとしてスニーキングの可能性を探る。従来のゲームパッドコントロールと比較して、足音や歩行速度を捉える2つの歩行指向メカニズムを開発しました。研究では、スニーキングが没入型仮想環境でどのような効果をもたらすかを調査しました。
Stats
歩行速度に基づくアプローチは、HMD条件よりも現実感が高い。 トラッカー条件は、物理的な努力が必要であり、特にトラッカー条件では高い身体的要求があった。 プレイ時間は、トラッカー条件で最も長く、HMD条件でも長かった。
Quotes
"Every step is relevant. I could even stomp to attract attention on purpose." - Participant 28 "It is extremely thrilling to play hide-and-seek with the guard after already being detected." - Participant 22

Deeper Inquiries

VRゲームにおけるスニーキングの新しい入力方法としての潜在能力を最大限に活用する方法は何ですか?

この研究では、スニーキングをVRゲームで遊ぶ際の新しい入力モダリティとして探求しました。具体的には、足音や歩行速度などの情報を利用してプレイヤーのスニーキング行動を捉える技術的アプローチが取られました。その結果、足音や歩行速度などからプレイヤーが静かに移動しているかどうかを判断するメカニズムが開発されました。また、従来のゲームパッドコントロールと比較して、このようなフルボディコンディションでは物理的努力が必要とされます。

従来のゲームパッドコントロールと比較して、フルボディコンディションが物理的努力を必要とすることは利点ですか?

フルボディコンディションによるスニーキング手法は、プレイヤーに実際の身体動作や注意深さを要求します。特にトラッカー装置を使用した正確な足音追跡方式では、一歩一歩注意深く進むことで高いリアリズム感や臨場感が得られます。これにより、「本当に秘密工作員であるかのような」興奮や緊張感も生まれます。また、この手法は「エクササイズ・ゲーム」と形容されたり、「自分自身全体へ意識集中しなければならない」という好評価も受けています。

今後の研究では、さらなる歩行関連インタラクションコンセプトに焦点を当てることでどのような成果が期待されますか?

今後の研究では、「精密追跡不要」「抽象化」「意図重視」等異なったアプローチ間で比較検討しました。「HMD(Head-Mounted Display)」方式は通常装着するだけで済み、「Tracker(トラッカー)」方式は正確性向上及び他用途応用可能性あります。「HMD」方式主流消費者向き、「Tracker」方式専門目的向きです。 将来的調査予想:1. 正確性不要「HMD」と「Tracker」間差異2. 身体基準操作有益3. エキサイトメント増加4. ハードウェア無依存5. 高次元挑戦6. 特殊訓練応用可能7.他多数利点期待可
0