toplogo
リソース
サインイン

新しいチーム順位指標:サイクリストマルチステージレースのための


コアコンセプト
本論文では、マルチステージサイクリングレースにおけるチームの選択、ひいてはランキングの指標について検討する。従来の時間ベースの指標に加え、ライダーの順位に基づく新しい指標を提案し、その有効性を検討する。
抽象
本論文では、マルチステージサイクリングレースにおけるチームの選択とランキングについて検討している。 まず、従来の時間ベースの指標T(#)Lと、完走ライダーのみを考慮したA(#)Lを提案し、両者の違いを示した。次に、順位ベースの指標P(#)Lと、完走ライダーのみを考慮したB(#)Lを提案し、これらの指標が従来の時間ベースの指標とは異なる順位付けをもたらすことを示した。 さらに、ライダーの各ステージでの順位の累積和に基づくD(#)Lと、完走ライダー3名の順位の和G(#)Lを提案した。これらの指標は、ライダーの順位に着目することで、レース全体を通じたチームの競争力を評価できる。 これらの新しい指標は、従来の時間ベースの指標と比べて、チームの順位付けに新しい視点を提供する。完走ライダーのみを考慮することで、より客観的なチームの評価が可能となる。また、ライダーの順位に着目することで、レース全体を通じたチームの競争力を評価できる。 最後に、これらの新しい指標の導入により、レース全体を通じた、より競争的なレースが期待できると論じている。さらに、学術分野などでの応用可能性についても言及している。
統計
最終チーム総合時間T(#)Lは77:36:22(IGD)から80:05:09(URU)まで 最終チームランキングP(#)Lは409(DSM)から1974(MDR)まで 完走ライダー3名のみを考慮したチームランキングB(#)Lは592(COR)から2066(MDR)まで
引用
"なぜレースを完走しなかったライダーの時間がチームの最終順位に影響するのか?" "なぜチームの最終順位を時間ではなく順位で決めるべきか?"

から抽出された主要な洞察

by Marcel Auslo... arxiv.org 04-05-2024

https://arxiv.org/pdf/2404.02910.pdf
Hierarchy Selection

より深い問い合わせ

レース中の各ステージでの新しい指標の中間値を計算し、その推移を分析することで、より詳細なチームの競争力の変化を捉えられるだろうか。

新しい指標を導入した場合、ライダーやチーム監督の戦略がどのように変化するか、具体的な予想はできるだろうか。 これらの新しい指標は、学術分野や企業の人事評価など、他の分野での応用可能性はどのように考えられるだろうか。
0