toplogo
リソース
サインイン

有限サンプル周波数領域システム同定


コアコンセプト
有限サンプルにおける非パラメトリック周波数領域システム同定の性能保証を示す。周期的入力下でETFEの推定誤差が√M/Ntotの速度で収束することを示し、さらにH∞ノルムでの一様な保証を得る。
抽象
本論文では、有限サンプルにおける非パラメトリック周波数領域システム同定の性能保証を示す。 問題設定 離散時間線形時不変システムを考え、入力u_tと出力y_tが有限サンプルデータとして与えられる。 ノイズv_tは有界な入力u_tと、時間領域で色付けされた正規分布に従う白色ノイズe_tによって生成される。 周期的入力u_tを用いて、所望の周波数グリッド{2πℓ/M}_{ℓ∈[M]}上の周波数応答G(e^{jω})を推定する。 推定手法 経験的伝達関数推定量(ETFE)を用いて周波数応答を推定する。 入力u_tは周期的であり、M個の周波数成分のみを持つ。 有限サンプル保証 推定誤差∥G(e^{jω_k}) - ̂G_k∥_op が√M/Ntotの速度で収束することを示す。 ここで、Ntotは総サンプル数、Mは推定対象の周波数数である。 誤差の上界は、入力の大きさ、ノイズの性質、システムの安定性に依存する。 H∞ノルムでの保証 全周波数域でのH∞ノルムの推定誤差について、N^{-1/3}の収束率を示す。 これは非パラメトリック関数の最適な収束率を反映している。 数値例 シミュレーションにより、理論的な結果を確認する。 固定周波数グリッドでの誤差は√N^{-1}の速度で減少し、H∞ノルムでの誤差はN^{-1/3}の速度で減少することを示す。
統計
入力の大きさは∥u_t∥_2 ≤ D_u ノイズの分散は σ^2_e
引用
なし

から抽出された主要な洞察

by Anastasios T... arxiv.org 04-02-2024

https://arxiv.org/pdf/2404.01100.pdf
Finite Sample Frequency Domain Identification

より深い問い合わせ

本手法を拡張して、より一般的な入力信号や非線形システムへの適用は可能か

本手法は、周期的な励振信号を前提としているため、一般的な入力信号に対して直接適用することは難しいかもしれません。非線形システムに関しても同様であり、線形性の仮定があるため、非線形システムに対する適用は制約があるかもしれません。拡張する際には、非線形性や異なる入力信号形式に対応するための新たな手法やアプローチが必要となるでしょう。

提案手法の性能は、他の周波数領域同定手法(例えばGaussian Processベース)と比べてどうか

本手法の性能は、他の周波数領域同定手法と比較してどうかという点については、いくつかの観点から考えることができます。例えば、Gaussian Process(ガウス過程)ベースの手法と比較すると、本手法は周期的な励振信号を前提としており、その条件下での性能を重点的に評価しています。一方、Gaussian Processは事前分布としてガウス分布を仮定し、周波数応答を確率的にモデル化するため、異なるアプローチを取っています。性能の比較においては、適用領域や前提条件、精度などを総合的に考慮する必要があります。

本研究で得られた知見は、制御系設計やモデル予測制御などの応用分野にどのように活かせるか

本研究で得られた知見は、制御系設計やモデル予測制御などの応用分野に有益な影響を与える可能性があります。具体的には、以下のような点で活用できるかもしれません。 システム同定の改善: 有限サンプルにおける周波数領域同定手法の性能向上により、システム同定の精度や効率が向上する可能性があります。 制御性能の向上: 正確な周波数応答の推定は、制御系設計において重要な役割を果たします。本研究の手法を活用することで、より効果的な制御器設計やシステム解析が可能になるかもしれません。 異常検知や診断: システムの周波数応答を正確に把握することで、異常検知や診断の手法に応用することができます。システムの挙動や特性を正確に把握することで、異常の早期発見や問題解決に役立つかもしれません。 これらの応用分野において、本研究で得られた知見や手法を活用することで、システムの理解や制御性能の向上に貢献することが期待されます。
0