toplogo
リソース
サインイン

広く利用可能なスマートプラグを活用した配電網監視


コアコンセプト
広く利用可能なスマートプラグを活用することで、配電網の状態を低コストで効果的に監視できる。
抽象
本論文では、配電網の監視に広く利用可能なスマートプラグを活用する方法について提案している。 配電網の監視には正確な電圧測定が重要だが、配電網の多くの部分は十分な計測機器が設置されていない。 スマートプラグは広く普及しており、電圧測定機能を持つものも存在する。 本研究では、スマートプラグの電圧測定精度を評価し、その精度を向上させるためのファームウェアの改良を行った。 ケーススタディでは、IEEE 37バスシステムを用いて、スマートプラグの設置数と配電網監視の精度の関係を示した。 結果として、低コストで広く設置可能なスマートプラグを活用することで、配電網の状態を効果的に監視できることが示された。
統計
配電網の電圧レベルは、規制値の0.9 p.u.から1.1 p.u.の範囲内に維持する必要がある。 スマートプラグの電圧測定精度は、標準偏差0.27 Vであり、他の計測機器と比較しても十分な精度を持つ。
引用
"広く利用可能なスマートプラグを活用することで、配電網の状態を低コストで効果的に監視できる。" "スマートプラグの電圧測定精度は、標準偏差0.27 Vであり、他の計測機器と比較しても十分な精度を持つ。"

から抽出された主要な洞察

by Simo... arxiv.org 04-04-2024

https://arxiv.org/pdf/2211.04211.pdf
Distribution Grid Monitoring Based on Widely Available Smart Plugs

より深い問い合わせ

配電網の監視以外にも、スマートプラグを活用できる用途はあるか?

スマートプラグは電力消費量を測定するだけでなく、電力の遠隔操作も可能です。そのため、電力消費の最適化や節約のためのデマンドサイドマネジメント(DSM)に活用することができます。また、再生可能エネルギーの効率的な利用や電力需要のピークカットなど、エネルギー管理におけるさまざまな用途にも活用できます。さらに、スマートホームシステムとの連携により、快適性や省エネルギー性の向上にも貢献できます。

スマートプラグの電圧測定精度を更に向上させる方法はないか?

スマートプラグの電圧測定精度を向上させるためには、以下の方法が考えられます。 キャリブレーション: 各スマートプラグごとの定数オフセットを特定し、補正することで精度を向上させる。 信号処理: 測定データのノイズを除去するための信号処理アルゴリズムを導入し、正確な測定値を得る。 高精度ICの採用: より高精度なエネルギー測定ICを搭載することで、測定精度を向上させる。 周囲環境の影響の考慮: 温度変化や周囲環境の影響を補償するアルゴリズムを導入し、正確な測定を行う。 これらの方法を組み合わせることで、スマートプラグの電圧測定精度をさらに向上させることが可能です。

スマートプラグを活用した配電網監視の導入に際して、どのような課題が考えられるか?

スマートプラグを活用した配電網監視の導入にはいくつかの課題が考えられます。 プライバシー保護: スマートプラグを使用することで、個人の電力使用量や生活習慣が漏洩する可能性があるため、プライバシー保護に配慮する必要がある。 測定精度: スマートプラグの測定精度が高いことが求められるため、正確な測定値を得るための工夫が必要となる。 通信インフラ: スマートプラグからのデータを収集するための通信インフラが必要であり、信頼性の高い通信環境を整備する必要がある。 製造業者の協力: スマートプラグの製造業者との連携が必要であり、カスタムファームウェアの導入やデータ収集のためのインターフェース提供が求められる。 これらの課題を克服するためには、適切なセキュリティ対策や技術的な改善を行いながら、スマートプラグを効果的に活用する体制を整える必要があります。
0