toplogo
リソース
サインイン

シンハラ語の攻撃的な言語データセットSOLD


コアコンセプト
本論文では、シンハラ語の攻撃的な言語を特定するための大規模なデータセットSOLDを紹介し、様々な機械学習モデルを用いた実験結果を示す。
抽象
本論文では、シンハラ語の攻撃的な言語を特定するための大規模なデータセットSOLDを紹介している。 まず、データ収集と注釈付けの過程を説明している。Twitterから10,000件のツイートを収集し、文レベルと単語レベルの攻撃的な言語の注釈を行った。文レベルの注釈では、攻撃的/非攻撃的の2つのラベルを付与し、単語レベルの注釈では、攻撃的な単語をハイライトした。 次に、様々な機械学習モデルを用いて、文レベルと単語レベルの攻撃的な言語の特定実験を行った。文レベルでは、SVMやBiLSTM、CNNなどの従来手法に加え、マルチリンガルなトランスフォーマーモデルも検討した。単語レベルでは、BiLSTMやトランスフォーマーモデルを用いた。 実験の結果、文レベルではXLM-Rが最も良い性能を示し、単語レベルでもXLM-Rが最も良い結果となった。また、単語レベルの弱教師あり学習手法であるTransformer+LIMEも一定の性能を示した。 最後に、低リソース言語における攻撃的な言語の特定における課題と、本研究の意義について議論している。
統計
攻撃的なツイートの割合は41%である。 攻撃的な単語の例としては、「ෙතාපි」(あなた)、「ෙගාන්」(愚か者)、「ෙතා්」(あなた)などがある。
引用
「攻撃的な投稿は自殺企図や精神的健康状態の悪化などの望ましくない結果を引き起こす」 「人間の監視員では膨大な投稿量に対応できないため、自動システムが必要不可欠である」

から抽出された主要な洞察

by Tharindu Ran... arxiv.org 03-29-2024

https://arxiv.org/pdf/2212.00851.pdf
SOLD

より深い問い合わせ

シンハラ語以外の低リソース言語においても同様の課題があると考えられる。他の言語でも同様のデータセットを構築し、モデルの性能を検証することが重要だろう。

他の言語においても、シンハラ語と同様に低リソース言語である場合、攻撃的な言語の特定に関する課題が類似していると考えられます。これらの言語においても、適切なデータセットを構築し、機械学習モデルの性能を検証することは非常に重要です。これにより、異なる言語や文化背景における攻撃的な言語の特性や検出方法を理解し、適切な対策を講じるための基盤を築くことができます。さらに、これらの研究は、多言語対応のモデルやアルゴリズムの開発にも貢献し、グローバルな視点での問題解決に役立つでしょう。

他の言語でも同様のデータセットを構築し、モデルの性能を検証することが重要だろう

攻撃的な言語の特定は難しい課題であり、単語レベルの注釈を用いた explainable AIの研究がさらに進むことが期待される。 攻撃的な言語の特定は、文脈や文化によって異なるニュアンスや意図を持つことがあり、そのため単語レベルの注釈を用いた explainable AIの研究が重要です。単語レベルの注釈を通じて、どの単語が攻撃的な表現に寄与しているのかを明確にすることで、モデルの予測結果を説明可能にし、その信頼性を向上させることができます。さらに、このような研究は、機械学習モデルの透明性や公平性を高めるためにも重要です。将来的には、単語レベルの注釈を活用したモデルの開発や改善が進み、攻撃的な言語の特定における精度と説明性が向上することが期待されます。

攻撃的な言語の特定は難しい課題であり、単語レベルの注釈を用いた explainable AIの研究がさらに進むことが期待される

攻撃的な言語の背景にある社会的・文化的要因を分析することで、より根本的な解決策を見出すことができるかもしれない。 攻撃的な言語の背景には、社会的および文化的な要因が影響を与えている可能性があります。これらの要因を分析し理解することで、攻撃的な言語の発生や拡散の根本的な原因を明らかにすることができます。例えば、特定の社会集団や文化圏における価値観や偏見、社会的な不平等などが攻撃的な言語の使用に影響を与える可能性があります。そのため、社会学的な視点や文化的な研究を取り入れて、攻撃的な言語の背景にある要因を探求することは重要です。このような分析を通じて、より効果的な対策や予防策を講じるための基盤を築くことができるかもしれません。
0