toplogo
リソース
サインイン

地球の過去を深く理解するための可視化ベースの展示


コアコンセプト
地質学的時間の理解を深めるために、異なる時間スケールの比較を通じて比例推論力を高める。
抽象
本研究では、地質学的時間の理解を深めるための対話型の可視化展示「DeLVE」を開発しました。DeLVEは、「Connected Multi-Tier Ranges」と呼ばれる新しい可視化手法を使用し、過去の出来事を異なる時間スケールで比較できるようにしています。 DeLVEの開発では、以下の5つの要件を満たすことを目指しました: 展示の展開と実装(R-Deploy) 博物館スタッフによるコンテンツのキュレーション(R-Curate) 来館者の興味関心を引き付ける(R-Engage) 来館者の好奇心を刺激する(R-Inspire) 異なる時間スケールの比較を促す(R-Compare) 3つの博物館に展示を設置し、来館者の行動観察とシステムログの分析を行った結果、これらの要件を概ね満たすことができました。ただし、展示の設置場所によって来館者の行動に大きな違いがみられ、博物館の文脈が来館者の反応に大きな影響を及ぼすことが明らかになりました。 また、本研究では従来の可視化デザイン研究のプロセスとは異なる点も見出しました。データ分析を目的とするデザイン研究とは異なり、プレゼンテーションを目的とするデザイン研究では、データの取得や利害関係者の役割に違いがあることが分かりました。
統計
地球の歴史は約46億年前から始まり、現在に至る。 地球上の生命の歴史は約38億年前から始まる。 恐竜は約2億3千万年前から約6500万年前まで存在した。 人類の歴史は約200万年前から始まる。
引用
「地質学的時間の理解を深めるためには、異なる時間スケールの比較が重要である。」 「博物館の文脈によって来館者の反応が大きく異なることが明らかになった。」 「データ分析を目的とするデザイン研究とは異なり、プレゼンテーションを目的とするデザイン研究では、データの取得や利害関係者の役割に違いがある。」

から抽出された主要な洞察

by Mara Solen,N... arxiv.org 04-03-2024

https://arxiv.org/pdf/2404.01488.pdf
DeLVE into Earth's Past

より深い問い合わせ

質問1

地質学的時間の理解を深めるためには、どのような他の手法が考えられるだろうか。 地質学的時間の理解を深めるためには、他の手法としては、インタラクティブな体験や実地体験を活用したアプローチが考えられます。例えば、実際に地質学的な場所を訪れて、地層や化石を観察することで、地質学的な時間の概念を身近に感じることができます。また、バーチャルリアリティや拡張現実を活用した体験も効果的であり、ユーザーが地質学的なプロセスや時間の経過を身をもって体験することができます。さらに、地質学的な時間を物語やアニメーションなどのストーリーテリングを通じて伝えることも有効です。これにより、抽象的な概念を具体的なイメージや物語によって理解しやすくすることができます。

質問2

博物館以外の文脈でも、地質学的時間の理解を促す可視化手法は有効だろうか。 はい、博物館以外の文脈でも、地質学的時間の理解を促す可視化手法は有効です。例えば、教育機関や科学センター、オンライン教育プラットフォームなど、さまざまな場所で地質学的時間を可視化することで、学習者や一般の人々が地球の歴史や地質学的なプロセスに興味を持つきっかけとなります。また、地質学的時間を視覚的に表現することで、複雑な概念をより理解しやすくする効果も期待できます。そのため、博物館以外の文脈でも、地質学的時間の理解を促す可視化手法は有用であり、幅広い教育や啓発活動に活用できるでしょう。

質問3

地質学的時間の理解を深めることは、どのような社会的意義を持つのだろうか。 地質学的時間の理解を深めることには、重要な社会的意義があります。まず、地質学的時間の概念を理解することは、地球の歴史や進化を理解するための基盤となります。これにより、地球環境や生態系の変化を理解し、地球上の生命や資源の保護につながる知識を身につけることができます。さらに、地質学的時間の理解は、地球科学や環境科学の研究や政策立案にも重要な影響を与えます。地球の過去から現在までの変化を把握することで、将来の地球環境や地球上の生命に対する影響を予測し、持続可能な社会の構築に貢献することができます。したがって、地質学的時間の理解は、持続可能な未来を築くための重要な教育要素であり、社会全体にとって意義のある知識となります。
0