toplogo
サインイン

大規模多主体システムにおける限定的な感知と擾乱下での高次元連続化制御


核心的な概念
本論文は、限定的な感知能力と擾乱の存在下においても、大規模多主体システムの望ましい集団行動を実現する高次元連続化制御手法の堅牢性を示す。
要約
本論文は、大規模多主体システムの集団行動を制御する高次元連続化手法の堅牢性について検討している。 まず、多主体システムの集団行動を記述する偏微分方程式モデルを導出する。次に、この連続体モデルに基づいて、望ましい集団行動を実現する安定な制御則を設計する。 その後、この連続体レベルの制御則を個別の主体の速度入力に離散化する手順を示す。 さらに、主体の感知能力が限定的な場合や、システムに擾乱が存在する場合においても、提案手法の安定性を解析的に保証する。 数値シミュレーションによって、理論的な結果を検証し、提案手法の有効性を示している。 本研究は、大規模多主体システムの制御において、現実的な制約条件下でも高性能な制御性能を実現する手法を提供している。
統計
主体の位置ベクトルを xi、主体間の相対位置を {xi, xk} と表す。 主体の速度入力を ui で表す。 望ましい密度分布を ρd(x, t) で表す。 密度誤差を e(x, t) = ρd(x, t) - ρ(x, t) と定義する。
引用
なし

深い調査

大規模多主体システムの制御において、主体の感知能力や擾乱の影響を最小限に抑えるための他の手法はあるか?

本研究で提案された高次元連続化制御手法は、主体の感知能力が限られている場合や擾乱の影響を最小限に抑えるための効果的な手法であるが、他の手法も存在する。例えば、分散制御アルゴリズムや強化学習を活用した制御手法などが考えられる。分散制御では、各主体が局所的な情報のみを交換しながら全体の目標に向かって行動することが可能であり、感知能力の制約や擾乱の影響を軽減することができる。また、強化学習を用いることで、主体が環境との相互作用から最適な行動を学習し、制御を改善することができる。
0