toplogo
リソース
サインイン

世界中からの多言語ニュースヘッドラインのダイバーシティに富んだデータセット


コアコンセプト
BABEL BRIEFINGSは、2020年8月から2021年11月にかけて30か国語54地域から収集した470万件を超えるニュースヘッドラインのデータセットである。自然言語処理やメディア研究のための高品質なデータセットとして活用できる。
抽象
BABEL BRIEFINGSは、世界中から収集した多様な言語のニュースヘッドラインのデータセットである。2020年8月から2021年11月にかけて、30か国語54地域から470万件を超えるニュースヘッドラインを収集した。 データセットの構造は以下の通り: 54のJSONファイルで構成され、それぞれが1つの地域のニュースヘッドラインを含む 各ニュースヘッドラインはタイトル、説明、本文、URL、公開日時、著者、ソース、言語などの情報を持つ 同一の記事が複数の地域や言語で掲載された場合、それらのインスタンスが記録される データセットの分析例として、以下のような内容を示した: TF-IDFを用いて同一のイベントについて報道された記事をクラスタリングし、言語ごとの報道の違いを可視化した 予期されたイベントと予期せぬイベントでは、言語ごとの報道の推移に違いがあることを示した このデータセットは自然言語処理やメディア研究の分野で幅広く活用できる。言語の壁を越えた世界中のニュース報道の違いを分析できるため、文化的な違いや偏見の発見などに役立つ。
統計
世界中から収集した470万件を超えるニュースヘッドラインを含む。 言語別の記事数は以下の通り: 英語: 1,128,233件 スペイン語: 455,952件 フランス語: 288,328件 中国語: 270,887件 ドイツ語: 259,718件 ポルトガル語: 243,829件 アラビア語: 178,854件 インドネシア語: 131,252件 イタリア語: 129,005件 トルコ語: 122,724件
引用
特になし

から抽出された主要な洞察

by Feli... arxiv.org 03-29-2024

https://arxiv.org/pdf/2403.19352.pdf
A diverse Multilingual News Headlines Dataset from around the World

より深い問い合わせ

世界中のニュース報道の違いを分析することで、どのような文化的な洞察が得られるだろうか。

ニュースヘッドラインの分析を通じて、世界中のニュース報道の違いを探ることで、異なる文化間の価値観や関心事に関する貴重な洞察が得られます。言語や地域によって報道されるニュースの内容や視点が異なることから、その背後にある文化的背景や価値観の違いを理解することが可能です。例えば、同じ出来事であっても、異なる国や言語圏ではその重要性や捉え方が異なる場合があります。このような比較を通じて、異なる文化間でのニュース報道の違いを明らかにし、文化的多様性を理解する上での示唆を得ることができます。

世界中のニュース報道において、同一のイベントについて、言語や地域によって報道の内容や視点がどのように異なるのか、その背景にある要因は何か。

同一のイベントについて、異なる言語や地域での報道の内容や視点が異なる背景には、複数の要因が関与しています。言語の違いによるニュアンスや文化的背景の違いが影響を与えることが挙げられます。言語の特性や表現方法によって、同じ出来事でも異なる側面が強調されたり、異なる視点から捉えられたりすることがあります。また、地域ごとの政治的、歴史的な背景やメディアの規制、報道機関のバイアスなども影響を与える要因として考えられます。これらの要因が組み合わさり、同じイベントであっても異なる言語や地域での報道の内容や視点が形成されるのです。

ニュースヘッドラインの分析から、人々の関心事や価値観の違いを把握することはできるだろうか。そうした知見は、どのような分野に活用できるか。

ニュースヘッドラインの分析を通じて、人々の関心事や価値観の違いを一定程度把握することは可能です。特定のニュースがどれだけの注目を集め、どのような言語や地域でどのように報道されるかを分析することで、人々がどんな情報に興味を持ち、どのようにそれを捉えるのかを推測することができます。このような知見は、マーケティングや広報活動、国際関係、メディア研究などの分野で活用されます。例えば、特定の製品やサービスに対する世界中の関心度を把握するための市場調査や、異なる文化間でのコミュニケーション戦略の立案に役立つ情報を提供することができます。
0