toplogo
リソース
サインイン

大規模言語モデルの報酬学習を用いた指示フォロー能力の向上


コアコンセプト
本研究では、大規模言語モデルの指示フォロー能力を向上させるため、報酬学習をポリシーに適用する新しい枠組みを提案する。具体的には、ポリシーサンプルを用いて報酬モデルを改善し、オフ分布での精度低下を防ぐ。
抽象
本研究は、大規模言語モデルの指示フォロー能力を向上させるための新しい枠組み「報酬学習on ポリシー(RLP)」を提案している。 RLPは以下の3つの主要な特徴を持つ: 非監視学習によるマルチビュー表現学習: ポリシーから生成された2つの出力を用いて、タスク関連の情報を保持しつつ表面的な情報を除去する表現を学習する。 合成的な好みデータの生成: ポリシーから生成された出力セットを用いて、信頼性の高い好みデータを合成的に生成する。これにより、報酬モデルの精度を向上させる。 ポリシーを用いた報酬モデルの改善: 学習したポリシーから生成されたサンプルを用いて、報酬モデルを改善する。これにより、報酬モデルのオフ分布での精度低下を防ぐことができる。 実験の結果、RLPは既存手法と比べて優れた性能を示すことが分かった。特に、合成的な好みデータの生成手法が有効であることが確認された。
統計
大規模言語モデルの出力長は、SFTモデルでは平均278文字、PPOを適用すると637文字に増加する。 RLP-SPGの好みデータでは、好まれる出力(yw)の平均長が510文字、好まれない出力(yl)の平均長が449文字となる。
引用
"報酬モデルの精度が低下すると、ポリシーの最適化に悪影響を及ぼす可能性がある。" "反復的に新しい好みデータを収集することで、この問題を緩和できるが、システムがより複雑化し、最適化が困難になる。" "本研究では、ポリシーサンプルを用いて報酬モデルを改善し、オフ分布での精度低下を防ぐ新しい枠組みを提案する。"

から抽出された主要な洞察

by Hao Lang,Fei... arxiv.org 03-29-2024

https://arxiv.org/pdf/2403.19279.pdf
Fine-Tuning Language Models with Reward Learning on Policy

より深い問い合わせ

ポリシーの分布が大きく変化した場合、RLPはどのように対応できるか

RLPは、ポリシーの分布が大きく変化した場合にも対応できるよう設計されています。通常、ポリシーの最新のサンプルを使用して報酬モデルを再トレーニングすることで、報酬モデルをポリシーの分布に合わせることができます。これにより、報酬モデルがオフ分布になることを防ぎ、ポリシーのデータ分布に適合した正確な報酬を維持することが可能です。

RLPの性能は、言語や文化の違いによってどのように変化するか

RLPの性能は、言語や文化の違いによって異なる可能性があります。言語や文化の違いが大きい場合、RLPの効果は異なる可能性があります。特定の言語や文化に特化したデータセットやモデルを使用することで、RLPの性能を最適化することが重要です。言語や文化の違いに対応するために、適切なデータの収集やモデルの調整が必要となります。

RLPの枠組みは、他のタスク(例えば対話システム)にも適用できるか

RLPの枠組みは、他のタスクにも適用可能です。例えば、対話システムの場合、RLPを使用してユーザーのフィードバックに基づいて言語モデルを調整することができます。対話システムにおいても、ポリシーの分布を考慮した報酬モデルのトレーニングや適切なデータの生成が重要となります。RLPの枠組みは、さまざまなタスクに適用して、モデルの性能や適合性を向上させることができます。
0