toplogo
サインイン

時間を有効活用する方法:待ち時間の活用実態と影響要因


核心的な概念
人々は待ち時間の約60%を余暇活動に、20%を生産的活動に、20%を日常的活動に費やしている。この活用パターンは状況要因によって大きく影響される。
要約
本研究は、人々が日常生活の中で待ち時間をどのように過ごしているかを明らかにすることを目的としている。21人の成人を対象に2週間にわたる経験サンプリング調査を行った。その結果、以下のことが明らかになった。 待ち時間の活用: 余暇活動(57.4%):動画視聴、SNS、音楽視聴など 生産的活動(22.5%):仕事、学習、メール確認など 日常的活動(17.1%):家事、自己ケアなど 状況要因の影響: デバイス: コンピューターがある場合は生産的活動が多く、スマートフォンのみの場合は余暇活動が多い 場所: 職場では生産的活動が多く、自宅では日常的活動が多い 時間: 昼休み中は余暇活動が少ない つまり、人々は状況に応じて待ち時間の活用を柔軟に変えており、生産性だけでなく、ワークライフバランスの維持にも配慮していることがわかる。今後のテクノロジー設計では、ユーザーの状況と好みに合わせて待ち時間の活用を支援することが重要である。
統計
平均待ち時間は1日50分、中央値は40分だった。 待ち時間の約95%でスマートフォンが利用可能だった。 コンピューターがある場合、生産的活動に費やした時間は38.6%だったが、ない場合は9.3%だった。 自宅で待っている時は日常的活動に22.7%の時間を費やしたが、職場では9.7%だった。 昼休み中は余暇活動に50.7%の時間を費やしたが、それ以外の時間は58.5%だった。
引用
"スマートフォンしかないと、できることが限られるので、長い待ち時間の場合は敢えてコンピューターに移動して作業するようにしています。"(P05) "スマートフォンがあれば、ほとんどSNSに時間を取られてしまいます。でも、スマートフォンがないと、自分の時間を過ごすためにリラックスしたり、瞑想したりするようになります。"(P17)

から抽出された重要な洞察

by Jian Zheng,G... arxiv.org 04-04-2024

https://arxiv.org/pdf/2404.02880.pdf
Fragmented Moments, Balanced Choices

深い調査

待ち時間の活用パターンは、個人の性格や価値観によってどのように異なるだろうか。

待ち時間の活用パターンは、個人の性格や価値観によって大きく異なることが考えられます。例えば、生産的な活動を好む人は、待ち時間を仕事や勉強に充てる可能性が高いでしょう。一方で、余暇を重視する人は、待ち時間をゲームや音楽などの娯楽活動に費やす傾向があるかもしれません。また、自己管理やメンテナンスを重要視する人は、待ち時間を自己ケアや家事などの維持活動に使う可能性があります。個人の性格や価値観によって、待ち時間の活用方法が異なることは、人間の多様性を反映した自然な結果と言えるでしょう。

生産的活動と余暇活動のバランスを取ることは、ストレス管理やワークライフバランスにどのような影響を及ぼすのだろうか。

生産的活動と余暇活動のバランスを取ることは、ストレス管理やワークライフバランスに重要な影響を与えると考えられます。過度な生産性志向は、ストレスや疲労を引き起こす可能性があります。一方で、十分な余暇やリラックスタイムを確保することは、心身の健康を維持し、ストレスを軽減する効果があります。生産的活動と余暇活動のバランスを取ることで、仕事とプライベートの両方に充実感を持ちながら、ストレスを適切に管理し、ワークライフバランスを実珅することができるでしょう。

待ち時間の活用を支援するテクノロジーは、人々の心身の健康をどのように高められるだろうか。

待ち時間の活用を支援するテクノロジーは、人々の心身の健康を向上させるために様々な方法で役立つことができます。例えば、個々の状況や嗜好に合わせて活動を提案することで、ストレスを軽減し、心の健康をサポートすることができます。また、生産的な活動やメンテナンス活動を促進する機能を備えることで、ワークライフバランスをサポートし、身体的健康を向上させることができます。さらに、待ち時間を有効活用することで、自己成長や学習の機会を提供し、知的健康を促進することも可能です。総合的に、待ち時間の活用を支援するテクノロジーは、人々の心身の健康を総合的に向上させる重要なツールとなり得るでしょう。
0