toplogo
リソース
サインイン

自律走行光ネットワークにおける増幅器再構成プロセスの発見的最適化


コアコンセプト
自律走行光ネットワークにおける増幅器の再構成プロセスを最適化することで、伝送品質の劣化を最小限に抑えることができる。
抽象
本論文では、自律走行光ネットワーク(ADON)における増幅器の再構成プロセスの最適化手法を提案している。 まず、デジタルツイン(DT)を構築し、増幅器の再構成中の伝送品質の変動を推定する。次に、遺伝的アルゴリズムを用いて、増幅器の最適な再構成順序を探索する。 実験では、提案手法を商用テストベッドで検証した。その結果、増幅器の再構成中のQ値の劣化を最大0.48 dB抑制できることが示された。また、提案手法の性能は、ランダムに生成した再構成順序の97.3%を上回った。 このように、本手法は増幅器の再構成プロセスを最適化することで、ADONにおける伝送品質の安定化に寄与できる。
統計
増幅器の再構成中に最大0.48 dBのQ値劣化を防ぐことができた。 提案手法の性能は、ランダムに生成した再構成順序の97.3%を上回った。
引用
なし

より深い問い合わせ

ADONにおける増幅器の最適な再構成手法は、他のネットワーク機能の最適化とどのように連携できるか

ADONにおける増幅器の最適な再構成手法は、他のネットワーク機能の最適化と密接に連携することが重要です。例えば、光パワー最適化や波長再構成などの機能と組み合わせることで、より総合的なネットワーク最適化を実現できます。増幅器の再構成プロセスにおいて、信号の品質を維持しながら効率的に再構成することで、ネットワーク全体の性能向上に貢献します。さらに、増幅器の再構成手法を他の自律機能と統合することで、ネットワーク全体の自己最適化能力を強化し、運用コストの削減やユーザーエクスペリエンスの向上につなげることができます。

増幅器の再構成プロセスの最適化以外に、ADONの信頼性を向上させるためにはどのような技術が必要か

ADONの信頼性を向上させるためには、冗長性の確保や障害回復機能の強化など、さまざまな技術が必要です。例えば、ネットワーク全体に冗長な経路を設計し、障害が発生した際に自動的に切り替える技術や、AIを活用した異常検知システムを導入することで、ネットワークの安定性を高めることができます。また、セキュリティ対策やデータのバックアップ・復元機能の強化も重要です。信頼性を向上させるためには、ハードウェアとソフトウェアの両面からの取り組みが必要となります。

本手法を応用して、より広範な光ネットワークの自律最適化に取り組むことはできないか

本手法を応用して、より広範な光ネットワークの自律最適化に取り組むことは十分に可能です。増幅器の再構成プロセスの最適化手法を拡張し、他の光ネットワーク機能や要素にも適用することで、より包括的な自律最適化システムを構築できます。例えば、波長選択やルーティングの最適化、光信号の品質管理など、さまざまな光ネットワーク機能に対して同様の最適化手法を適用することで、ネットワーク全体の性能向上や運用効率の向上を実現できます。このように、本手法を応用することで、光ネットワーク全体の自律最適化に取り組むことが可能です。
0