toplogo
リソース
サインイン

視覚-言語大規模言語モデルにおける対話型の地域理解の実現


コアコンセプト
本研究では、ユーザーが指定した画像の特定の領域を理解できる視覚-言語モデルRegionVLMを提案する。これにより、対話型のシステムの実現や、領域理解を必要とする様々なタスクでの優れた性能を実現する。
抽象
本研究では、視覚-言語プリトレーニング(VLP)モデルの地域理解能力の限界に取り組んでいる。従来のVLPモデルは、画像-テキストペアデータに基づいて学習されており、画像全体の粗い情報しか捉えられないという課題があった。 そこで本研究では、Localized Narrativesデータセットを活用し、ユーザーが指定した画像の特定の領域に対応したキャプションを生成できるRegionVLMを提案する。具体的には、マウストラジェクトリの座標情報をテキスト形式で入力することで、Q-Formerモジュールが領域情報を捉えられるようにしている。これにより、ユーザーが指定した領域に対応したキャプションを生成できるようになる。 実験の結果、提案手法は対話型システムの実現や、領域理解を必要とする様々なタスク(物体参照セグメンテーション、視覚常識推論など)で優れた性能を示した。また、従来のVLPモデルの全体理解能力も維持できることが確認された。
統計
A girl holding a kite A person only leg visible A pink kite on the grass
引用
なし

から抽出された主要な洞察

by Jungbeom Lee... arxiv.org 03-28-2024

https://arxiv.org/pdf/2403.18260.pdf
Toward Interactive Regional Understanding in Vision-Large Language  Models

より深い問い合わせ

画像の領域理解能力を高めることで、どのようなアプリケーションの開発が期待できるか?

画像の領域理解能力を高めることにより、さまざまなアプリケーションの開発が期待されます。例えば、リファリング画像セグメンテーションやビジュアルコモンセンスリーズニングなどのタスクにおいて、特定の領域に焦点を当てた情報を活用することができます。また、対話システムや画像キャプショニングなどのタスクにおいても、より詳細な情報を提供することが可能となります。さらに、画像検索や画像分類などの応用分野においても、領域理解能力を活用することで精度や効率を向上させることができます。
0