toplogo
サインイン

評価学: 評価の科学と工学


核心的な概念
評価は人間の存在にとって重要な側面であり、様々な分野で重要な役割を果たしている。しかし、一般的に経験的かつ臨時的なアプローチがとられており、普遍的な概念、用語、理論、方法論に関する合意がない。この合意の欠如には重大な影響がある。本論文では、評価の科学と工学を包括する「評価学」という学問分野を正式に紹介する。様々な分野に適用可能な評価の普遍的な枠組み、概念、用語、理論、方法論を提案する。
要約
本論文は、評価学という新しい学問分野を提案している。評価の本質は、被評価対象に対して意図的に定義された評価条件を適用し、その影響を測定・検証することにある。この評価の本質に基づき、評価結果の重要な側面に焦点を当てた5つの公理を提案し、評価の基礎理論としている。 これらの公理に基づき、単一の被評価対象を評価する方法と複雑な状況を評価する方法の2つの側面から、評価の普遍的な理論と方法論を提示している。 単一の被評価対象を評価する際は、異なる水準の等価性を持つ評価条件を適用することが重要である。これにより、等価な評価モデルを構築し、独立変数を1つずつ変化させながら他の変数を制御することができる。 複雑な状況を評価する際は、推移性を維持する一連の評価モデルを構築することが鍵となる。 現実世界の評価システムを完全に再現する完全な評価モデルを想定し、その上で現実的な評価モデル(ベンチマーク)を提案している。これにより、効率的かつ現実的な評価を行うことができる。 最後に、ベンチマークを評価の普遍的な工学アプローチ「ベンチマーク学」として定義している。
統計
評価は人間の存在にとって重要な側面であり、様々な分野で重要な役割を果たしている。 一般的に評価は経験的かつ臨時的なアプローチがとられており、普遍的な概念、用語、理論、方法論に関する合意がない。 評価の本質は、被評価対象に対して意図的に定義された評価条件を適用し、その影響を測定・検証することにある。 評価の5つの公理は、評価結果の重要な側面(真の量、差異の追跡可能性、比較可能性、現実的な推定)に焦点を当てている。 単一の被評価対象を評価する際は、異なる水準の等価性を持つ評価条件を適用し、独立変数を1つずつ変化させながら他の変数を制御する必要がある。 複雑な状況を評価する際は、推移性を維持する一連の評価モデルを構築することが重要である。 完全な評価モデルと現実的な評価モデル(ベンチマーク)を提案し、効率的かつ現実的な評価を行うことができる。 ベンチマークを評価の普遍的な工学アプローチ「ベンチマーク学」として定義している。
引用
"評価は人間の存在にとって重要な側面であり、様々な分野で重要な役割を果たしている。" "一般的に評価は経験的かつ臨時的なアプローチがとられており、普遍的な概念、用語、理論、方法論に関する合意がない。" "評価の本質は、被評価対象に対して意図的に定義された評価条件を適用し、その影響を測定・検証することにある。" "評価の5つの公理は、評価結果の重要な側面(真の量、差異の追跡可能性、比較可能性、現実的な推定)に焦点を当てている。" "単一の被評価対象を評価する際は、異なる水準の等価性を持つ評価条件を適用し、独立変数を1つずつ変化させながら他の変数を制御する必要がある。" "複雑な状況を評価する際は、推移性を維持する一連の評価モデルを構築することが重要である。" "完全な評価モデルと現実的な評価モデル(ベンチマーク)を提案し、効率的かつ現実的な評価を行うことができる。" "ベンチマークを評価の普遍的な工学アプローチ「ベンチマーク学」として定義している。"

から抽出された重要な洞察

by Jianfeng Zha... arxiv.org 04-02-2024

https://arxiv.org/pdf/2404.00021.pdf
Evaluatology

深い調査

質問1

評価学の理論と方法論は、他の分野の評価実践にどのように適用できるか? 評価学の理論と方法論は、他の分野の評価実践に幅広く適用可能です。例えば、コンピュータサイエンスの分野では、ベンチマークテストを使用してシステムの性能を評価します。ソーシャルサイエンスや心理学の分野では、社会的介入の効果を調査するために評価手法を適用します。ビジネスや教育の分野では、ベンチマーキングや指標を使用してシステムのパフォーマンスを評価します。評価学の枠組みを適用することで、異なる分野で共通の評価基準や手法を確立し、より客観的かつ効果的な評価を行うことが可能となります。

質問2

評価学の公理と概念は、既存の評価手法にどのような課題を提起するか? 評価学の公理と概念は、既存の評価手法にいくつかの課題を提起します。例えば、評価結果の比較可能性や真の評価結果の確保などが重要な課題となります。既存の評価手法では、異なる主題や条件での評価結果を比較する際に一貫性が欠如している場合があります。また、真の評価結果を得るためには、適切な評価条件や基準を確立する必要がありますが、これが不足していることがあります。評価学の公理と概念を適切に適用することで、これらの課題に対処し、より信頼性の高い評価手法を構築することが重要です。

質問3

評価学の枠組みは、新しい評価手法の開発にどのような示唆を与えるか? 評価学の枠組みは、新しい評価手法の開発に重要な示唆を与えます。例えば、評価学の概念や公理を基にしたユニバーサルな評価基準や手法を構築することで、異なる分野での評価を統一し、比較可能性を確保することが可能となります。また、評価学の枠組みを活用することで、評価条件や基準の明確化、評価結果の一貫性確保、真の評価結果の獲得など、評価手法の改善や革新に向けた方向性を示すことができます。新しい評価手法の開発においては、評価学の枠組みを参考にすることで、より効果的で信頼性の高い評価手法を構築することが可能となります。
0