toplogo
リソース
サインイン

非線形インパルスパターン定式化 - 都市計画と市民参加のための動的な社会・政治予測アルゴリズム


コアコンセプト
都市計画プロセスにおける様々なステークホルダーの健康、芸術的自由、財政状況などの関連パラメータを予測するための非線形動的アルゴリズムを提案する。
抽象
本論文では、都市計画プロセスにおける様々なステークホルダーの相互作用と発展を予測するための非線形動的アルゴリズムを提案している。このアルゴリズムは、ステークホルダーの状態発展、自己適応、相互作用、外部影響の3つの基本方程式から構成される。 様々なシナリオをモデル化するために、ステークホルダーの反応、自己適応による安定性の向上、仲介的相互作用による収束、直接的な相互作用による複雑ダイナミクスなどのシステムパラメータを調整する。 また、実際の都市計画シナリオへの実装ワークフローを概説している。このワークフローには、機械学習を用いたパラメータ設定の最適化が含まれ、計画プロセスと出力の望ましい発展を目指す。
統計
なし
引用
なし

より深い問い合わせ

都市計画プロセスにおける望ましい社会的・政治的な発展を実現するためには、どのような具体的な政策的措置が考えられるか。

都市計画プロセスにおいて、望ましい社会的・政治的な発展を実現するためには、以下の具体的な政策的措置が考えられます。 公共参加の促進: 市民や関係者の意見や要望を積極的に取り入れることで、計画の透明性と合意形成を図る。市民の声を反映させることで、計画の受容性が高まり、社会的な調和が図られる。 持続可能性の確保: 環境への配慮や資源の効率的な利用を重視し、都市の持続可能な発展を促進する。再生可能エネルギーの活用や緑地の確保など、環境への配慮が重要。 社会的公正の確保: 社会的格差の是正や包摂的な政策の実施により、全ての市民が公平に恩恵を受けられる社会を構築する。住宅政策や教育施設の整備など、社会的公正を重視した政策が必要。 経済的健全性の確保: 財政の健全性や経済成長の促進を通じて、都市の発展を支える基盤を整備する。投資環境の整備や産業育成など、経済的な側面も考慮した政策が重要。 これらの政策的措置を総合的に実施することで、都市計画プロセスにおける社会的・政治的な発展を促進し、持続可能な都市の構築を目指すことが可能となります。
0